事業情報

世界のウラン濃縮工場と資源量

2016年2月18日更新

世界のウラン濃縮工場

国名 事業者 所在地 濃縮法 規模
(トンSWU/年)
アメリカ 合衆国濃縮公社
(USEC)
パデューカ ガス拡散法 11,300
Louisiana Energy Services
(LES)
ニューメキシコ 遠心分離法 3,000
フランス Eurodif トリカスタン ガス拡散法 10,800
オランダ URENCO アルメロ 遠心分離法 4,500
ドイツ URENCO グロナウ 遠心分離法 4,500
ロシア Shiberia Chemical Complex
(JSC SCC)
トムスク 遠心分離法 4,000
Angarsk Electrolysis & Chemical Combine
(JSC AECC)
アンガルスク 遠心分離法 1,000
イギリス URENCO カーペンハースト 遠心分離法 4,000
中国 中国核工業集団公司
(CNNC)
陜西省漢中 遠心分離法 1,000
甘粛省蘭州 遠心分離法 500
日本 日本原燃株式会社
(JNFL)
青森県六ヶ所村 遠心分離法 最終的に1,500
パキスタン パキスタン原子力委員会
(PAEC)
カフタ 遠心分離法 5
参考:電気事業連合会「原子力・エネルギー図面集2015年版」

各種ウラン濃縮技術

各種ウラン濃縮技術

世界のウラン確認資源量と分布

世界のウラン確認資源量と分布