事業情報

環境モニタリング

自然への放出レベルを確認・測定しています

原子燃料サイクル施設では、施設内で発生する気体および液体廃棄物の放射性物質は専用の設備にて処理し、十分安全なレベルであることを確認した上で放出しています。
 さらに施設周辺に影響を与えていないことを確認するため、施設の操業前から環境モニタリングを行っています。

環境モニタリングは施設周辺の放射線量率、空気中の放射能濃度の測定および土壌、農畜産物、河川水、海水、海底土、海産物など環境試料の採取と放射能分析を行っています。

モニタリングステーション
モニタリングカー
モニタリング監視
湖沼水採取
試料採取
採取試料のデータ分析
空間放射線率

モニタリングつうしん青森
(青森県発行)

青森県とダブルチェックしています

県も原子燃料サイクル施設周辺の環境放射能等の測定を実施し、当社の測定結果と併せて、「青森県原子力施設環境放射線等監視評価会議」で検討・評価した後、定期的に公表しています。