事業情報

返還ガラス固化体受入検査状況

2016年12月2日更新

 当社では、海外から返還されるガラス固化体を、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターで貯蔵する際に、安全に貯蔵・管理できるものであることを確認するために受入検査を行っています。
 ここでは、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターで行っている受入検査の状況をお知らせしています。

第18回返還ガラス固化体受入検査状況について

受入れ日: 平成28年10月21日~22日
輸送容器数 : 5基
ガラス固化体本数 :132本

輸送容器 1基目 2基目 3基目 4基目 5基目
荷主電力 東京電力
ホールディングス
東京電力
ホールディングス
日本原子力発電 関西電力 関西電力
ガラス固化体本数 28本 28本 20本 28本 28本
受入検査開始日 平成28年10月27日 平成28年12月2日      
受入検査結果          
収納完了日          
(参考)事業所外廃棄確認証交付日          

(検査終了は青色、検査中は緑色で表示します。)

受入検査結果