事業情報

濃縮事業の概要

ウラン濃縮とは

天然ウランの中には、中性子をぶつけると核分裂して膨大な熱エネルギーを放出するウラン235と核分裂しにくいウラン238があります。

天然ウラン鉱石のウラン235含有率はわずか0.7%程度しかなく、このままでは原子力発電(軽水炉)の燃料として使用することはできません。原子力発電所で使用するために、これを3~5%にまで濃縮する必要があります。これをウラン濃縮といいます。


ウラン濃縮イメージ図

ウラン濃縮工場について

150トンSWU/年規模で1992年操業開始。その後、150トンSWU/年規模ずつ増設し、現在の施設規模は1,050トンSWU/年です。

また、既設遠心機1,050トンSWU/年は、段階的に新型遠心機に更新することとしており、2010年3月から初期導入分75トンSWU/年の更新工事を2回に分けて行い、2012年3月に前半分(37.5トンSWU/年)、2013年5月に後半分(37.5トンSWU/年)の生産運転を開始しました。

※SWUとは
SWU(Separative Work Unit)は、ウランを濃縮する際に必要となる仕事量の単位(分離作業単位)のこと。
例えば、100万kWの原子力発電所で1年間に必要となる濃縮ウランの仕事量は、約120トンSWUになります。

施設の所在地 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附
用地面積 約340万平方メートル(ウラン濃縮工場用地および低レベル放射性廃棄物埋設センター用地)