発表•お知らせ

JAEA大洗内部被ばく事故に対する水平展開の問題点に係る取り組み状況

2017年11月22日更新

事業者対応方針 対応状況

項目 概要 期限 担当部署 状況
(11/19現在)
関係資料
(対応実績)
水平展開体制の強化 安全・品質本部は、大洗の事故のような重大な事象が発生した場合は、安全・品質本部および各事業部の役割を明確にした計画書を策定し、全社的に取り組む体制を構築する。
検討体制には経営層の参画に加え、リスク抽出の観点から各事業部の専門的知識を有するメンバーを参画させ、全社の観点からリスクの洗い出しを実施する。
また、あわせて水平展開のしくみに係る課題を抽出し、水平展開検討会運営要則に反映する。
2017年9月末 安全・品質本部
  • 9/29 水平展開検討会運営要則改正済

水平展開検討会運営要則
(10/20更新)

大洗事故に対する計画書を策定する。 実施計画書について9月5日に策定 安全・品質本部
  • 9/5 実施計画書制定
  • 11/6 実施計画書改正

JAEA大洗の内部被ばく事故を踏まえた全社水平展開に係る実施計画書
(10/20更新)

上記計画書に基づき、強化した体制のもと、直接的な要因に加え、当社施設の特徴を踏まえリスクを抽出し対応を実施する。 リスク抽出 2017年12月15日 再処理事業部
濃縮事業部
埋設事業部
安全・品質本部
10/31 実施計画書制定(再処理)
ウラン濃縮工場の特徴を踏まえ、リスクおよび速やかに実施すべき事項を改めて明確にし、完了目標時期を設定する。その上で目標を達成するために必要な手段を講じ、予防処置を実施していく。 濃縮事業部
  • 11/6 実施計画書制定
  • 実施計画書に基づき、「作業員自らが初期対応できるようにするための教育訓練」(短期的な計画)の実施中
訓練の実施 HF 曝露対応訓練および内部被ばく対応訓練については速やかに実施する。 2017年9月末 濃縮事業部
  • 9/28 総合訓練実施済
再処理事業部における訓練の強化 MOX粉末の大規模な飛散を想定した訓練を実施する。 計画9月13日策定
訓練9月20日実施
再処理事業部
  • 9/13 MOX粉末大規模飛散訓練計画策定
  • 9/20 MOX粉末大規模飛散訓練実施済
MOX粉末による全身汚染を想定した訓練を実施する。 計画10月策定
訓練11月実施
再処理事業部
  • 10/31 MOX粉末全身汚染想定訓練計画制定
  • 訓練11月実施予定
化学物質の被災を想定した訓練を実施する。 計画9月策定
訓練(代表者)9月実施
訓練(その他)年度内実施
再処理事業部
  • 9/25 化学物質被災訓練計画書策定
  • 9/28~9/30各課の代表者まで訓練完了
    (その他作業員について訓練実施中)

JAEA大洗研究開発センター汚染事故を踏まえた化学物質管理に係る水平展開の実施計画書および経過報告
(10/20更新)

再処理工場で取り扱っている化学物質と放射性物質が混在した流体による作業員の被災を想定した訓練を実施する。 計画10月策定
訓練11月実施
再処理事業部
  • 10/31 総合訓練計画制定
  • 訓練11月実施予定
上記の訓練計画を中長期訓練計画書に反映する。 中長期計画改定 2017年9月末 再処理事業部
  • 9/29 中長期訓練計画を改定(JAEA大洗内部被ばく事故に対する水平展開に伴う訓練の強化を反映)
  • 10/31 中長期訓練計画を改定(MOX粉末や放射性物質による全身汚染を想定した訓練(合同訓練)を追加)
  • 11/14 中長期訓練計画を改定
    (JAEA大洗内部被ばく事故に対する水平展開に伴う訓練の強化について、想定事象の選定理由、訓練の目的について明確化)

再処理事業部 非常時等の措置に係る中長期訓練計画(改定4)
(11/22更新)

上記の訓練の実施結果を踏まえ、対応手順、資機材管理の見直し等の改善を図っていく。 再処理事業部
  • 今後、訓練の実施結果を踏まえ、対応手順、資機材管理の見直し等の改善を図る予定
資機材の維持管理等の改善 身体除染器材を実際に使用して使用可能であることを確認する。また、定期的に点検を実施することを標準類に定め点検を実施していく。 2017年9月末 再処理事業部
  • 7/31 身体除染器材の点検を実施
  • 9/11 身体除染器材の点検および管理の充実化に関する標準類の改定
  • 改定後の点検は、2017年9月15日~9月25日にて実施済
    今後、半年に1度、継続していく
化学物質被災時に使用する資機材の健全性確認および標準類制定の計画を策定する。 計画策定10月中旬 再処理事業部
  • 9/25 化学物質被災時に使用する資機材の健全性確認および標準類制定に関する計画の策定

JAEA大洗研究開発センター汚染事故を踏まえた化学物質管理に係る水平展開の実施計画書および経過報告
(10/20更新)

上記計画に基づき、資機材の健全性確認および標準類の制定を行う。 再処理事業部
  • 11/14 化学物質被災時対応資機材の健全性確認済み
  • 11/14 再処理事業部 化学物質安全管理細則を改正
    (化学物質被災時対応資機材の明確化および点検について規定)
  • 上記細則に関連するマニュアルの改正準備中
    (12月改正予定)
HF暴露対応訓練の実施 HF暴露対応に現状足りていないものを洗い出す訓練。 2017年8月 濃縮事業部
  • 8/25 訓練実施
上記を踏まえた個別訓練。
ア.
洗出された項目に対する改善項目の検討
イ.
訓練計画策定
ウ.
実施時期
エ.
洗出し訓練および個別訓練計画を踏まえた手順書の確立
ア.
2017年8月29日まで
イ.
2017年8月29日まで
ウ.
2017年9月1日まで
エ.
2017年9月8日まで
濃縮事業部
ア.
8月29日改善事項整理
イ.
8月29日計画策定
(9月1日改訂)
ウ.
9月4日訓練実施
エ.
9月8日手順書修正のための改善事項整理
(9月20日手順書改正)
内部被ばく対応訓練の実施
ア.
訓練計画見直し
イ.
実施時期
ウ.
訓練結果を踏まえた手順書の確立
ア.
2017年9月1日まで
イ.
2017年9月6日まで
ウ.
2017年9月13日まで
濃縮事業部
ア.
8月29日計画書見直し
(9月5日改訂)
(9月11日再訓練計画策定)
イ.
9月6日訓練実施
(9月13日再訓練実施)
ウ.
9月13日訓練結果を踏まえた手順書確立に関する評価実施

※完了した項目については、黄色で網かけ