広報活動
2019年4月18日更新

「日本原燃ふれあいコンサート」開催のご案内

森 麻季 ソプラノ・リサイタル

2,000名様をご招待(入場無料)
お申し込みは、往復ハガキで。(下記の応募要項をご覧ください。)
たくさんのご応募をお待ちしております。
4月17日(水)をもちまして、応募受付を終了いたしました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
抽選結果は、5月下旬に返信用ハガキにてお知らせいたします。

プログラム

演奏曲目

メンデルスゾーン:歌の翼に
シューベルト:アヴェ・マリア
マスカーニ:アヴェ・マリア
フォーレ:夢のあとに ほか
《合同演奏曲》
菅野よう子:花は咲く~NHK「明日へ」東日本大震災復興支援ソング

※演奏曲目は変更される場合がございます。
開催日時 2019年6月8日(土)
開演/14:00(開場/13:00)
開催場所 リンクステーションホール青森 大ホール
青森市堤町1丁目4番1号
出演者 森 麻季(ソプラノ)
竹村 浄子(ピアノ)
特別共演 青森県立青森東高等学校音楽部
森 麻季

森 麻季

竹村 浄子

竹村 浄子

青森県立青森東高等学校音楽部

青森県立青森東高等学校音楽部

応募要項

参加費 入場無料
定員 2,000名様をご招待
応募方法 お申し込みは“最大4名”までとなっております。
ただし、大人は最大2名まで。残り人数は、18歳未満の方のお申し込みとさせていただきます。
(未就学児の入場はご遠慮ください)
参加人数組合せ例
往復ハガキに、記入例を参照のうえ必要事項をご記入ください。 記入例(往復ハガキ)

※お申し込みいただきましたハガキの個人情報につきましては、本コンサートのご招待に関わる連絡以外に使用いたしません。

お申し込み先 〒030-0801 青森市新町二丁目2番11号
日本原燃「ふれあいコンサート」係
応募締切 2019年4月17日(水)当日消印有効
連絡方法 ご招待の連絡は、5月下旬頃に返信用ハガキにてお知らせいたします。
なお、お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
注意事項 当日、会場にて整理券と座席指定券をお引き換えします。
なお、希望座席のご指定には応じかねますので、あらかじめご了承ください。
[引き換え時間] 10:00~14:00(予定)
お問い合わせ先 日本原燃「ふれあいコンサート」事務局(広報部内)
電話:017-731-1658
たくさんのご応募をお待ちしております。

出演者プロフィール

【森 麻季(もり まき)】(ソプラノ)

東京藝術大学、同大学院独唱専攻、文化庁オペラ研修所修了。ミラノとミュンヘンに留学し、プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクール「オペラリア」等多数の国内外のコンクールに上位入賞を果たす。
ワシントン・ナショナル・オペラ「後宮からの逃走」でアメリカ・デビュー以来、ワシントン・ナショナル・オペラとロサンジェルス・オペラにおいて、「リゴレット」「パルシファル」「ホフマン物語」「こうもり」「ウェルテル」でドミンゴ、フォン・シュターデ、アラーニャ、ケント・ナガノ、ジューン・アンダーソン、ブレンデル、オブラスツォワ等と共演。ルイージ指揮ドレスデン国立歌劇場「ばらの騎士」、エディンバラ音楽祭 「リナルド」、ノセダ指揮トリノ王立歌劇場「ラ・ボエーム」で、フリットリやアルヴァレスと共演し、国際的な評価を得る。2015年、兵庫県立芸術文化センター開館10周年記念オペラ「椿姫」のヴィオレッタは、連日スタンディング・オベーションとなり、2017年11月モンテヴェルディ生誕450年を記念した歌劇《ポッペアの戴冠》のタイトルロールで好評を博す。
コンサートではアシュケナージ、テミルカーノフ、インバル、小澤征爾、チョン・ ミョンフン、パーヴォ・ヤルヴィ、ハーディング等の著名指揮者やNHK交響楽団、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルのメンバー、フランクフルト放響、サンクトペテルブルグ・フィル等の内外の主要オーケストラ、ドレスデン聖十字架教会合唱団などと共演し成功を収める。
古典から現代まで幅広いレパートリーを誇り、コロラトゥーラの類稀なる技術、透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛され、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマやNHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌い、文部科学省主催「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」公式プログラム「The Land of the Rising Sun」(宮本亜門演出)に出演するなど、日本を代表するオペラ歌手として常に注目を集めている。
デビュー20周年記念アルバム「至福の時~歌の翼に」をリリース(エイベックス・クラシックス)。
安宅賞受賞、ワシントン・アワード、五島記念文化賞、出光音楽賞、ホテルオークラ賞。

【竹村 浄子(たけむら じょうこ)】(ピアノ)

東京都生まれ。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学大学院修士課程修了。
在学中、1991年日本音楽コンクール/ピアノ部門で第3位入賞。学内にて「安宅賞」受賞。翌年スイス・モントゥルー近郊にてニキタ・マガロフ氏に師事。1993年大学卒業と同時に東京文化会館にてデビューリサイタル開催(日本演奏連盟主催)。1994年マリア・カナルス国際音楽コンクールで第3位入賞並びに審査員特別賞受賞。1995年ショパン国際ピアノコンクールにてディプロマ取得。その後、大学院修士課程ピアノ科を首席で修了し「クロイツァー賞」受賞。1997年から東京文化会館、紀尾井ホールなどで定期的にリサイタルを開催。東京シティフィル、名古屋フィルをはじめオーケストラとの協演も数多い。
室内楽、二台ピアノ、歌曲伴奏などのアンサンブルも手掛け、これまで共演した演奏家は多数、幅広いレパートリーを持つ。ラジオ、雑誌などメディアにも多数出演。全国各地で様々なコンサートに出演する傍ら、病院、特別支援学校などでの訪問コンサートも積極的に行っている。
最近では、聾学校での訪問コンサート「体で感じるミュージック」の活動に力を注いでいる。
CDは、『竹村浄子プレイズシューマン』(EMI)が2枚、『祈り~グルダのアリア』(D.C.J)、『ウィーンの夜会』(コロムビア)、キングレコードよりギロック生誕100年記念アルバム『はじめてのギロック』『こどものためのアルバム』、そのほか歌曲伴奏のCDが複数リリースされている。
「温かく透明な音色で作曲家の心象を映し出すピアニスト」と評され、幅広く活躍している。

共演者プロフィール

【青森県立青森東高等学校音楽部】

1964年4月開校と同時に、音楽部を含む6つの文化部が設置された。以来55年間合唱を中心とした活動を行ってきた。
音楽部の顧問は、辻村成子先生、奥崎由紀子先生、神明弘先生、工藤加奈子先生、そして2018年に宮本由紀乃先生が赴任し現在に至る。1984年に第1回目の定期演奏会を開催し、今年7月20日(土)に行われる演奏会で第35回目を迎えようとしている。高文連、全日本合唱連盟の各行事、各コンクールに参加する他、クリスマスミニコンサートや慰問コンサート等も企画している。キャッチコピーは「歌って踊れる音楽部」。