六女スルメプロジェクト紹介

「日本原燃のワーク&ライフの実態はどうなっているの?」について女性活躍推進担当者が解説します。

女性社員データ

2016年4月時点で223名の女性社員が働いています。そのうち、30代未満が半数を占めており、若い社員がとても多いのが特徴です。ここ10年ほどで女性社員の数は約2倍になりました。当社では、女性活躍推進の重要な取り組みの一つに、「女子学生の積極的な採用」を掲げています。この先もさらに女性社員は増えていく見込みです。

女性社員数

若い社員が多いですが、女性社員の約40%が既婚者で家庭と仕事の両立を実現しています。また、育児中の女性のうちの約19%が短時間勤務制度を利用しています。

女性社員の年齢分布
家庭と仕事の両立

(注)男性の育児休職取得者数を除くデータは2016年2月時点実績

育児支援制度

家庭と仕事の両立支援に係る法律として、「育児・介護休業法」が公布・施行されています。当社の育児に関する制度は、これをもとに制定されています。さらに、当社独自で、法令以上の両立支援を行っています。
2015年8月には「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を取得しました。

マスコットキャラクター くるみん
女性社員の年齢分布
妊婦検診が勤務免除 妊婦検診が勤務免除 出産祝金 出産祝金 休職中に必要な手続き等は会社がサポート。 休職中に必要な手続き等は会社がサポート。 復職支援説明会 復職支援説明会 育児時間 子の看護休暇 安心・ゆとり休暇 カフェテリアプラン制度 短時間勤労制度
女性活躍に関するデータ

当社は、平成17年から、それまでも行っていた家庭と仕事の両立支援をさらに充実させてきました。また、平成27年からは、女性活躍推進を経営の重要な方針の一つに位置づけ活動を開始しました。
他の大手企業に比べると、活動の歴史は浅く、数値として低い項目があるのは事実です。
当社は、積極的に女性活躍を推進し、それにより女性をはじめ男性を含むすべての社員がやりがいや成長を実感できる職場を目指しておりますので、その結果は、近い将来、数値となって表れると思います。

※以下は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」において定められた「女性の活躍に関する情報公表」の項目です。

  項目 日本原燃データ
(2016年度実績)
産業平均データ※2
(鉄鋼業,非鉄金属・金属製品製造業)
 
採用 採用した労働者に占める女性の割合 事務 45%
技術 15%
全体 22%
15.9%(11社) データの解説
男女別の採用における競争倍率
事務 女性 1.6倍 男性 5.2倍
技術 女性 1.5倍 男性 3.3倍
労働者に占める女性の割合 事務 34%
技術 7%
全体 11%
12.2%(11社)
就業継続・働き方 男女の平均勤続年数の差異 4.4年(女性 9.5年、男性 13.9年) 1.7年(14社) データの解説
10事業年度前およびその前後の
事業年度に採用された労働者の
男女別の継続雇用割合
女性 85%
男性 88%
男女別の育児休業取得率 女性 100%
男性 1.4%
女性 99.1%
男性 6%(8社)
労働者の一月当たりの平均残業時間 25.6時間 15.8時間(9社)
有給休暇取得率 67% 43.4%(4社)
登用 係長級にある者に占める女性の割合 2.5%(12人) 2.5%(7社) データの解説
管理職に占める女性の割合 0.5%(1人) 1.1%(37社)
役員に占める女性の割合 0% 1.1%(31社)
再チャレンジ
(多様なキャリアコース)
男女別の職種または雇用形態の転換実績 女性 0名
男性 0名
データの解説
男女別の再雇用または中途採用の実績 女性 10名
男性 19名
(2017年6月16日更新) ※1 2015年度実績 ※2 厚生労働省
「女性の活躍推進企業データベース」より
 2016年3月時点

-

-