事業情報

ウラン濃縮工場の月別トピックス

2017年9月発表分

【9月4日公表 ウラン濃縮工場における給排気ダクトの点検結果について】

 当社は、2016年12月の島根原子力発電所2号機におけるダクト腐食事象を受け、2017年3月から自主的にウラン濃縮工場の設備や機器の点検を行っております。
 このうち、給排気ダクトの点検結果について、このたび取りまとめましたので、お知らせいたします。
 点検の結果、複数の給排気ダクトの一部に錆や腐食による損傷、保温材の剥離や変色などがあることが確認されました。
 損傷部周辺の汚染検査の結果、放射性物質の漏えいはなく、建屋内の負圧も維持されており、外部への影響はないことを確認しております。
 なお、損傷部分については、応急処置を実施済みであり、今後、本格的な補修を速やかに行ってまいります。

 別紙:ウラン濃縮工場における給排気ダクトの点検結果について
 別紙:点検1 床面からの目視点検結果
 別紙:点検2 高所(ダクト上面)、天井裏の目視点検(1)
 別紙:点検2 高所(ダクト上面)、天井裏の目視点検(2)


【9月1日公表 ウラン濃縮工場 排気ダクトの点検状況について】

 当社は、ウラン濃縮工場の給排気ダクトの点検を自主的に実施してきておりますが、本日、分析室天井裏(管理区域内)に撤去すべきであったダクト(ポリ塩化ビニル)と思われるものが残っていることを確認しました。
 同ダクト部周辺の汚染検査の結果、放射性物質の漏えいはなく、建屋内の負圧も維持されており、外部への影響がないことを確認しております。
 応急措置として開口部を閉止しております。
 今後、更に調査してまいります。
 点検は引き続き行っており、新たな事象を確認した場合は、改めてお知らせいたします。

 別紙:ウラン濃縮工場 建屋図
 別紙:ウラン濃縮工場 排気ダクトの点検状況(写真)


【9月1日公表 ウラン濃縮工場 排気ダクトの点検状況について】

 当社は、ウラン濃縮工場の給排気ダクトの点検を自主的に実施しておりますが、8月31日、ウラン濃縮建屋分析室天井裏(管理区域内)の排気ダクト(亜鉛鋼板)に損傷(3箇所)があることを確認しました。
 同ダクト損傷部周辺の汚染検査の結果、放射性物質の漏えいはなく、建屋内の負圧も維持されており、外部への影響がないことを確認しております。
 応急措置としてそれぞれの排気ダクトの損傷箇所をシートで養生しております。
 当該箇所については、今後、補修を行ってまいります。
 点検は引き続き行っており、新たな事象を確認した場合は、改めてお知らせいたします。


 別紙:ウラン濃縮工場 建屋図
 別紙:ウラン濃縮工場 排気ダクトの点検状況(写真付)

年度別一覧